近隣の不動産売却を
昭島市で
様々な条件の売却相談に
臨機応変に対応
logo

scroll_down

Concept

頼れるパートナーとして昭島市近隣の不動産売却に対応

様々な昭島市・立川市近隣の不動産売却に柔軟に対応

戸建て・マンション・アパート・土地の仲介売却・自社買取に対応し、空き家対策、相続・離婚・転勤に伴う物件処分、任意売却など、複雑な条件を含む不動産売却のご相談にもフレキシブルに対応しています。ご依頼いただく不動産売却に関しては、お客様のニーズに誠実に対応し、高額売却・早期売却などお客様の様々なこだわりを加味して、お客様にとって最適な売却プランを考案いたします。

これまでの豊富な実績を礎にした洗練された実務スキルを活用して、地域密着の「お客様目線」に立った丁寧なサポートサービスを昭島市・立川市近隣の皆様にご提供いたします。昭島市・立川市近隣の皆様の頼れる不動産パートナーとして尽力いたします。

Q&A

基本的な不動産売却に関する要点を昭島市の皆様に解説

  • 築年数が高い物件でも売却できますか?

    築年数も関係しますが、建物の状態によります。

    使用できる状況ですと建物の状況調査行い、査定を行う場合が有ります。

  • どこのエリアまで対応いただけますか?

    昭島市、立川市、武蔵村山市、福生市、あきる野市、西多摩郡、

    その他、近隣市街地はお気軽にご相談ください。

  • 住みながら売ることは可能ですか?

    可能です。

    尚、内覧希望が頻繁になりますとストレスになる場合がございますので、

    内覧の際のご希望等を事前にお打合せていただきます。

  • 査定はどうやって行うのですか?

    「簡易査定」と「しっかり査定」の方法が有ります。


    ➀簡易査定

    場所、広さ、地形、その他の情報をもとに相場を検討していきます。

    無償の範囲内で、相場感をお答えします。




    ②しっかり査定

    お持ちの資料(物件の特定できるもの)ご提供いただき、

    物件の状況を把握して、事例、査定リポートなどを考慮し回答いたします。

    更に詳しくの場合は、現地調査、公的書類等入手し、

    有償となる場合が有ります。       

Access

事務所を昭島市に構え不動産売却のご相談を随時受付中

有限会社一二三

住所 〒196-0033
東京都昭島市東町4-6-7
電話番号

042-544-0123

042-544-0123

営業時間 9:00 〜 18:00

定休日

日曜日、祝祭日

最寄り駅

JR青梅線 「西立川駅」南口より徒歩6分

駐車場

5台

アクセス

戸建て・マンション・アパート・土地など、どのような不動産売却のご相談にもオールマイティーに対応しています。お客様のご意向・ご要望に添った最適な売却プランを考案してご提案してまいります。昭島市・立川市近隣地域に特化した不動産売却サービスを展開しており、昭島市・立川市近隣の不動産市場に精通した「街の不動産の相談役」として、様々な売却案件に柔軟に対応いたします。

About us 市場の傾向を熟知した不動産売却サービスを昭島市で展開

様々な昭島市近隣の不動産売却のご相談を承っております

資産運用・資金繰りから、相続・離婚・転勤に伴う物件処分、任意売却まで、様々な不動産売却パターンのご相談を承っておりますので、昭島市近隣にて不動産売却に関するお悩み・お困りごとをお抱えの場合は、担当スタッフまで気軽にお声掛けいただければ、不動産管理のエキスパートとして適切にアドバイスしながら、その後の段取りも踏まえて丁寧にナビゲートいたします。昭島市に事務所を構え、近隣の立川市も含めて、近隣地域に特化した不動産売却サービスを展開しています。

昭島市近隣の市場の傾向をしっかり加味し、地元に根ざした不動産会社ならではの気配りの行き届いたサポートサービスをご提供してまいります。売却査定は無料で承っており、各種お問い合わせも含めて随時お電話・メールフォームにて受け付けております。物件の売却においては、資産価値がより高く評価された状態で売却活動を行うために、できるだけ経年劣化が進まない状態で売却手続きを進めるのが理想ですので、できる限り早期の対応がおすすめです。ただし市場相場の変動を加味して売却時期を見計らうことも大事になってきますので、その点もしっかり配慮してまいります。

空き家対策に注力し気の利いた不動産売却サービスを昭島市で展開

主に昭島市・立川市を中心に、戸建て・マンション・アパート・土地などの不動産売却のご相談をオールマイティーに承り、昭島市・立川市に特化した不動産会社として、昭島市近隣の皆様の様々なご要望に臨機応変に対応しています。また、近年の代表的な世相である「少子高齢化」のあおりを受けて今後も増加していくことが予想される「空き家」の対策としての、不動産売却のサポートにも力を入れています。空き家は放っておく分には特に問題ないと安易に考えていると、後日トラブルに巻き込まれる可能性があるので注意が必要です。

空き家の管理に割いている時間が作れないといった理由で空き家を放置しておくと、換気・水回りが滞り、異臭・カビ・腐敗の原因になります。その他、無造作に庭の草木を伸ばしっぱなしにしておくと隣家の敷地や公道へ侵入し、クレームの元となります。そうしたトラブルを回避するためにも、日々の丁寧な空き家管理が重要なのは明らかですが、現代は核家族化が進み、遠方に住みながら空き家を管理しなくてはいけないという状況に置かれている方々も少なくありません。そうした方々にとって不動産売却は有用な空き家対策の一つといえます。